サイトマップ

返済不可能となったら

債務整理をする前に行うこととして、借金が返済できないかどうかを様々な方向で考えていくこととなります。もう無理だと思っていても、実際には返済できる方法が残っている場合もあります。特に住宅ローン関連の債務整理を考える場合は、それ以外の方法で解決することもあるため、最後まで諦めずに減額することを目指します。

 

1つの方法として、住宅や車を売却して借金の返済に充てる方法があります。住宅ローンであれば債務整理をするより、任意売却といった方法を取ることで解決する場合があります。家を売ってその金額で住宅ローンの返済を行い、残ったお金で引越し費用を工面するといった方法を取ることができます。

 

このように財産をある程度減らしてから債務整理を考えることが重要で、財産が残りすぎてしまうと後から大変な思いをすることとなります。出来る限り金銭にしてから返済を行い、残った借金を債務整理で消すというのが一番いい方法です。特に自己破産を検討している方は、失ってしまうくらいなら売ってから考えた方がいいのです。

 

自分で手放すことを選べば、それだけ補てんされる金額は多くなりますし、手元に残ったお金で新しい行動を起こすことも可能となります。

 

最もよくないのは借金が返せないからとそのままにすることです。そうならないようにしっかりとした正しい手続きで債務整理を進めてください。